MENU

home5gからドコモ光への乗り換え方法は?切り替え前の注意点や手続き方法などご紹介!

home5gからドコモ光への乗り換え方法は?切り替え前の注意点や手続き方法などご紹介!

この記事では、home5gからドコモ光への乗り換えについて、変更・切り替え方法をまとめています。

home5gの解約手続きや変更・切り替え前の注意点も合わせてご紹介!

home5gからドコモ光への乗り換え方法などが気になる方は、この記事をチェックしてみてくださいね。

目次

まずはドコモ光とhome5gの速度や月額料金を比較!

項目ドコモ光home5g
事業者NTTNTTドコモ
回線網光コラボモバイル回線(4G/5G)
最大通信速度1Gbps4.2Gbps
マンション月額料金4,400円4,950円
戸建て月額料金5,720円4,950円
マンション新規工事費16,500円
戸建て新規工事費19,800円
スマホセット割最大1,100円引き/月最大1,100円引き/月
訪問サポートあり(無料)なし
契約期間2年
マンション解約金新プラン4,180円
旧プラン8,800円
戸建て解約金新プラン5,500円
旧プラン14,300円
お得な申し込み先>>こちらをタップ>>こちらをタップ

ドコモ光とhome5gについて、10個の項目を表にしました。

ドコモ光は、NTTコラボ光回線の一つで、光回線とプロバイダがセットで提供されているのが特徴です。

home5gに比べて通信速度が安定しているので、自宅で安定した速度でネットを使いたいという方にドコモ光がおすすめですね!

また、ドコモ光とhome5gでは使っている回線が違うので、事業者変更や転用ができません。

そのため、home5gを解約してドコモ光を新規で契約することになります。

次の章からは、home5gからドコモ光への乗り換えの方法や注意点について詳しく解説していきます。

home5gからドコモ光への乗り換えを検討している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

home5gからドコモ光への乗り換え方法を5ステップで解説!

ステップ①:ドコモ光の新規申し込み

ステップ②:ドコモ光の工事微調整・決定

ステップ③:ドコモ光の回線工事

ステップ④:ルーターの初期設定を行いドコモ光に接続

ステップ⑤:home5gの解約手続き

ここからはhome5gからドコモ光への乗り換えするときの方法をご紹介します。

home5gからドコモ光への乗り換えは、上記の通り5ステップで完了!

順番に解説していくので、home5gからドコモ光へ切り替える際に手順通りに進めてみてくださいね。

ステップ①:ドコモ光の新規申し込み

ドコモ光の新規申し込み

まずはドコモ光に申し込みましょう。

ドコモ光へはドコモ光公式サイトや代理店経由での申込みが一般的です。

このサイトでおすすめしている「ドコモ光GMO」では、高性能のルーターを無料で借りられたり、高額キャッシュバックなどの特典があります。

もちろん、ドコモの公式で行っている新規工事費無料キャンペーンも対象!

どこの代理店でドコモ光を申し込むか迷っている人は、「ドコモ光GMO」をチェックしてみてくださいね。

なお、ドコモ光の申込みは新規・転用・事業者変更とありますが、新規での申し込みになる点は注意しましょう。

ステップ②:ドコモ光の工事微調整・決定

電話元ドコモ光サービスセンター(10:00~20:00)
一般電話から0120-766-156(通話料無料)
ドコモの携帯電話から15715

ドコモ光への申込みをした後は、GMOとくとくBBからNTTドコモへ情報連携されます。

ドコモ光の申込内容の確認が必要な場合は、メールもしくは電話にて連絡が来ます。

ここでドコモ光の申し込みプランや提供エリアの確認、手続きの内容などを説明してもらえるので、不明な点は電話するタイミングで質問しておくのがおすすめです。

内容を確認した後は、ドコモ光の工事日を決めていきます。

なお、工事日調整については、ご自身で上記の「ドコモ光サービスセンター」へ連絡を入れる必要があります。

ドコモ光の工事は土日祝日の場合、追加費用がかかる可能性があるので、平日にできると少しでも費用を抑えることができますね。

また、ドコモ光の工事は、引っ越しや新生活のシーズンだとかなり混み合うため、思い通りの日程にならないかもしれません。

混みあうシーズンは避けたり、日程に余裕を持ってドコモ光の申し込みをしておくと安心ですね!

ドコモ光の工事日が決定したら、工事日までに「開通のご案内」が届くので、必ず受けとっておきましょう

ステップ③:ドコモ光の回線工事

ドコモ光の工事日が来たら、専門のスタッフが自宅に伺って新規回線工事が行われます。

ドコモ光の新規工事は立ち会う必要があり、1時間程度で完了します。

作業時間はあくまでも目安になるので、場合によってはトラブルなどで長くなる場合もあります。

ドコモ光の工事予定時間の前後は、空けておくと安心ですね。

なお、工事の際はドコモ光の開設に決定権のある人が立ち会いをしましょう。

工事業者から確認や質問が合った際に、曖昧な答えだと工事が中断して再度日程調整になる可能性もあります。

工事業者が有線でネット接続をしたら、ドコモ光の工事は完了です。

ステップ④:ルーターの初期設定を行いドコモ光に接続

ドコモ光の新規工事の完了後は、ルーターの初期設定を行います。

ルーターは契約したプロバイダからのレンタルや自分で用意しておきましょう。

なお、この記事でおすすめしている「GMOとくとくBB」では、高性能Wi-Fiルーターのレンタルが無料で可能!

ドコモ光やプロバイダからルーターをレンタルしている場合、難しい設定不要でネットに繋ぐことができるので、よほどの理由がない限りはレンタルがおすすめですね。

また、ルーターの設定が完了したらPCやスマホなどの接続機器の設定が必要です。

Wi-Fiのパスワードなどについては、ルーターに記載されているのでそちらを入力してください。

もし、ルーターやパソコンとの設定が不安な場合は、訪問サポートも検討しておくと安心ですよ!

ステップ⑤:home5gの解約手続き

ドコモ光が使えるようになったら、home5gの解約をします。

home5gは、ドコモショップかオンラインで解約することができます。

ドコモhome5gの解約手続きの際、解約のタイミングを指定できますが、解約月は日割りにならないので月末に指定しておくのが無難です。

home5gを解約する際は、端末の残債や解約金などの説明があるので、必ず確認しておきましょう。

ちなみに、home5g端末はレンタルではないので返却は不要!

自分で用意したSIMカードを挿して再利用したり、メルカリやヤフオクなどでの出品も自由なので、色々試してみてくださいね。

home5gからドコモ光への変更・切り替え前の5つの注意点

注意点①:ドコモ光の提供エリア外の可能性がある

注意点②:home5g端末本体の残債支払いが必要

注意点③:解約月の料金は日割りにならない

注意点④:ドコモ光の新規回線工事が必要

注意点⑤:プロバイダによって月額料金が異なる

home5gからドコモ光へ変更・切り替えるときの5つの注意点をまとめていきます。

home5gからドコモ光へ乗り換える際に、タイミングによっては思っていたよりも費用がかかる可能性が…。

ドコモ光へ変更・切り替えをする前にあらかじめ確認しておきましょう。

注意点①:ドコモ光の提供エリア外の可能性がある

ドコモ光の申し込みができるかどうかは、エリアや建物の状況によって決定されます。

ドコモ光の提供エリアについては、NTTフレッツ光の公式サイトから確認が可能です。

また、集合住宅にお住まいでドコモ光のエリア内であっても、マンションタイプとは限りません。

マンションやアパートの物件内の配線や建物の形状によってはマンションタイプでの提供ができず、戸建てタイプでの申し込みしか受け付けられない可能性が…。

home5gからドコモ光(戸建てタイプ)へ変更すると月額料金が上がってしまうので、申し込みする前にドコモ光の提供エリアを確認しておきましょう!

注意点②:home5g端末本体の残債支払いが必要

home5gの解約時に、購入しているホームターミナルの残額があれば支払いが必要です。

ホームターミナル本体は税込39,600円ですが、home5gを契約する際に一括払いか分割で購入しています。

home5gの専用料金プラン「home5G プラン」を契約している期間は、36ヶ月間毎月1,100円が割引される月々サポートが適用されます。

分割の場合36ヶ月払いになっており、この月々サポートで端末代金が実質0円になっています。

しかし、home5gを分割で契約しており3年以内に解約すると、残りの本体料金を支払う必要があります。

home5gを3年以内に解約する場合、ドコモのマイページからホームターミナルの残額を確認しておきましょう。

注意点③:解約月の料金は日割りにならない

home5gを解約すると、解約した月の月額料金は日割りになりません。

ドコモhome5gは、月初に解約しても月末に解約しても、支払う料金は変わらないということです。

よほどの理由がない限り、月末付近でhome5gの解約手続きをすると無駄がありませんね。

ドコモ光の利用開始日に合わせて、home5gの解約する日を調整しましょう。

home5gからドコモ光へ乗り換える月は、どちらの料金もかかる点は注意してください。

注意点④:ドコモ光の新規回線工事が必要

種別料金
マンションタイプ16,500円
戸建てタイプ19,800円

ドコモ光を利用するためには、新規回線工事が必要です。

ドコモの新規工事費の通常価格は上記の通りです。

しかし、ドコモ光の申し込みのキャンペーンにより新規工事費0円!

上の章でも解説しましたが、ドコモ光の新規回線工事の際は立ち会いが必要になります。

ドコモ光の新規回線工事は1時間程度かかるので、前後の予定は空けておくと安心ですね!

注意点⑤:プロバイダによって月額料金が異なる

タイプ月額料金(マンション)月額料金(戸建て)プロバイダ
タイプA4,400円4,620円@plala、GMOとくとくBB、@niftyなど
タイプB5,720円5,940円OCN、@Tcom、TNCなど

ドコモ光は23社のプロバイダーから選ぶことができます。

その中でもタイプAとタイプBに分かれており、月額料金がタイプAの方が220円安いです。

月額料金を少しでも安く利用したいのであれば、タイプAのプロバイダを選びましょう。

なお、この記事でおすすめしているドコモ光のプロバイダは、タイプAの「GMOとくとくBB」です。

月額料金が安いのはもちろん、ルーターの無料レンタルなどの特典も充実しています。

特典などの詳細は、以下のドコモ光公式サイトで確認してみてくださいね。

home5gからドコモ光への乗り換えについてまとめ

・ドコモ光は自宅で安定した速度でネットが使える

・ドコモ光の申し込み代理店は「GMOとくとくBB」がおすすめ!

・home5gの端末残債が発生することがある

・home5g解約時に端末の返却は不要

・ドコモ光の利用には回線工事が必要

・ドコモ光セット割でドコモスマホから1,100円の割引!

home5gからドコモ光への乗り換えについて、上記のような内容をまとめました。

home5gからドコモ光に乗り換える際は、ドコモ光の開通後にhome5gの解約をするという流れになります。

home5gの解約をするときに、タイミングによっては端末本体の残債が発生する可能性があります。

記事の中で、home5gからドコモ光へ乗り換える際のステップや注意点を紹介したので、一つずつチェックしてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる