MENU

ドコモhome5gを解約したらブラックリスト入り?短期解約が危険な理由とブラックを回避する方法を紹介!

ドコモhome5gを解約したらブラックリスト入り?短期解約が危険な理由とブラックを回避する方法を紹介!

この記事では、ドコモhome5gを解約したらブラックリスト入りするのか、という疑問を解決できます。

ドコモhome5gの短期解約が危険な理由や、回避する方法をご紹介します。

ドコモhome5gの解約タイミングで悩んでいる方は、この記事を参考にしてくださいね。

目次

まずは確認!そもそもブラックリストとは?

そもそも「ブラックリスト」とは何かについて、まず確認していきましょう。

クレジットカードやローンの支払い滞納などの金融事故があると、「信用情報機関」にマイナスの信用情報が登録されることになります。

このブラックリストに載ると、借用やローンの申請が通らなくなるだけでなく、携帯電話の分割払いができないなどの悪影響が生じます。

上記のようなマイナスの信用情報が登録されることを、俗に「ブラックリスト」状態と言われています。

なお、金融事故の履歴については消すことができませんが、保存期間が限られているため時間経過でブラックリストは解除されます。

ブラックリストが解除されるまでには5年程度かかるため、ブラックリスト入りのリスクは最小限にしていくのが大事というのが分かりますね。

ドコモhome5gの短期解約は可能?

詳細
最低利用期間なし
違約金0円

ドコモhome5gの短期解約はそもそもできるのかについて、見ていきましょう。

結論からお伝えすると、ドコモhome5gの短期解約は可能です。

ドコモhome5gは上の表のように、最低利用期間や違約金がかからないので短期解約をすること自体は問題ありません。

しかし、ドコモhome5gの短期解約をすることでブラックリストに載ってしまう可能性があり、非常にリスクが高いです。

また、契約後8日以内に「電波状況に問題がある」「説明や契約書などに不足・不備」が認められた場合は、「8日以内キャンセル」ができます。

ドコモの規定によっては、8日以内でもキャンセルができない可能性がある点は注意しましょう。

8日以内キャンセルを適用してドコモhome5gを解約した場合は、短期解約扱いにならないのでご安心ください。

契約後8日以上経った後に解約を検討される場合、ブラックリスト入りしない日数以上は最低でも使った方が無難ですね。

ドコモhome5gの短期解約によるブラックリスト入りが危険な理由

理由①:クレジットカードやローンの審査が通らなくなる

理由②:携帯の契約ができなくなる

理由③:携帯電話本体を分割購入できなくなる

この章では、ドコモhome5gの短期解約によるブラックリスト入りが危険な理由について見ていきましょう。

ドコモhome5gの短期解約は、上記のような理由で危険です。

短期解約扱いになる条件はキャリアによって異なっており、ドコモ90日・au180日・ソフトバンク180日と言われています。

その日数が経たずに解約をすると短期解約扱いになり、ブラックリスト入りする可能性が高いです。

これまで解説したように、ブラックリストに載ると携帯の契約ができなくなるだけでなく、クレジットカードやローンの審査などにも影響する可能性が…。

ドコモhome5gの解約を検討している場合は、最低でも契約後90日間以上経ってから解約手続きをするとブラックリスト入りは避けられるかもしれません。

ドコモhome5gの解約でブラックリストを回避する方法

・8日以内キャンセルを活用する

・未納分、滞納分を支払う

・未納、滞納をしない

・短期での解約をしない(最低90日以上経過)

ドコモhome5gの解約でブラックリスト入りを回避する方法は上記の通りです。

電話状況の問題などが発覚している場合は、8日以内キャンセルの対象になります。

8日以内キャンセルなら短期解約扱いにならないので、キャンセルする理由が明確な場合はすぐに処理を行いましょう。

8日以上が経過してドコモhome5gの解約を検討している場合は、最低でも90日以上は経過してから解約手続きを進めましょう。

また、ドコモhome5gの分割金が残っている場合、90日以上経っていても注意が必要です。

home5g本体の未納分は全て支払いを済ましておくと、ブラックリスト入りというリスクは最低限に抑えることができますよ。

ドコモhome5gの解約におけるブラックリストについてまとめ

・ブラックリスト入りすると携帯電話が契約できなくなる可能性がある

・短期解約はブラックリスト入りする可能性が高い

・ブラックリスト入りを回避するためには未納や滞納はしない

・8日以内キャンセルはブラックリスト対象外

ドコモhome5gの解約におけるブラックリストについて、上記のような内容をまとめました。

ブラックリスト入りすると、携帯電話の分割購入ができない、そもそも契約ができないなどのリスクが伴います。

携帯電話だけに留まらず、クレジットカードやローンなどの審査が通らなくなるなど、ブラックリスト入りには様々な悪影響がでてきます。

ブラックリスト入りには、未納や滞納はもちろんのこと、短期解約などでもブラックリスト入りする可能性があるので、解約する際は注意が必要です。

ドコモhome5gの解約でブラックリスト入りを回避する方法について、前章でご紹介しているので気になる方は再度読み直してみてください。

なお、ドコモhome5gの解約はドコモショップやWEBから手続きを進めていきます。

ドコモhome5gの解約手続き方法については、下の記事を参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる