MENU

ドコモ光からフレッツ光への乗り換え方法を完全解説!解約手続きや変更・切り替え前の注意点は?

ドコモ光からフレッツ光への乗り換え方法を完全解説!解約手続きや変更・切り替え前の注意点は?

この記事では、ドコモ光からフレッツ光への乗り換えについてまとめています。

ドコモ光を解約する手続きや、乗り換え前に注意すべき点について詳しくご紹介!

フレッツ光に乗り換える予定の方は、この記事を読んでみてください。

今すぐフレッツ光へ乗り換えたい方は、以下の公式サイトから申し込んでくださいね。

目次

まずは確認!ドコモ光とフレッツ光の速度や月額料金などを比較!

ドコモ光フレッツ光
事業者NTTNTT
回線網光コラボNTT東日本・西日本
最大通信速度1Gbps1Gbps
マンション月額料金4,400円3,465円~
戸建て月額料金5,720円5,390円~
マンション新規工事費16,500円16,500円
戸建て新規工事費19,800円19,800円
スマホセット割最大1,100円引き/月なし
訪問サポートあり(無料)あり(有料)
マンション解約金新プラン4,180円
旧プラン8,800円
2,200円
戸建て解約金新プラン5,500円
旧プラン14,300円
4,400円
契約期間2年2年~
お得な申し込み先>>こちらをタップ>>こちらをタップ

ドコモ光とフレッツ光について、10項目で比較しました。

ドコモ光とフレッツ光は同じNTTの光回線を使うので、改めて工事は必要ありません。

ただし、フレッツ光にはスマホ割がなく、プロバイダも別途契約が必要になりますよ。

次の章からは、ドコモ光からフレッツ光への乗り換え時にかかる費用や注意事項をまとめていますので、しっかり確認しておきましょう。

ドコモ光からフレッツ光への乗り換えで掛かる費用

費用①:ドコモ光の解約金

費用②:乗り換え手数料

費用③:フレッツ光の初期費用

ここからは、ドコモ光からフレッツ光へ乗り換える際の費用をまとめていきます。

光回線の乗り換えには諸費用などがかかるので、乗り換えの前にしっかり確認しておきましょう。

費用①:ドコモ光の解約金

マンション戸建て
ドコモ光の解約金(新プラン)4,180円5,500円
ドコモ光の解約金(旧プラン)8,800円14,300円

ドコモ光を解約をした場合、時期によって解約金がかかる場合があります。

ドコモ光の2年契約だと24~26ヶ月目が更新期間になっています。

更新期間以降に解約する場合は、解約金が必要なんですね。

解約金はマンションと戸建て、プランによって価格が変わります。

できるだけ更新期間中にドコモ光を解約すると良いでしょう。

費用②:乗り換え手数料

金額
乗り換え手数料3,300円

ドコモ光からフレッツ光へ乗り換える場合、ドコモ光の乗り換え手数料が必要になります。

事務手数料は事業者変更時に必要ですので、必ず支払いが発生するんですね。

ドコモ光から乗り換える時の乗り換え手数料は3,300円(税込)です。

時期によってフレッツ光でキャッシュバックや還元キャンペーンなどもあるので、キャンペーン内容はチェックしておきましょう。

費用③:フレッツ光の初期費用

金額
ビッグローブ光の初期費用工事費:0円
契約料:880円

ドコモ光からフレッツ光に乗り換える時には、フレッツ光の契約料が必要です。

フレッツ光の契約料はどのプランを選んでも、1契約ごとに880円(税込)となっていますよ。

フレッツ光に乗り換える際は契約料の用意をしておくと良いでしょう。

ドコモ光からフレッツ光への乗り換え方法を5ステップで解説!

ステップ①:ドコモ光で事業者変更承諾番号を取得する

ステップ②:フレッツ光を申し込む

ステップ③:フレッツ光への切り替え

ステップ④:ルーターの初期設定を行いフレッツ光に接続する

ステップ⑤:ドコモ光のレンタル機器を返却する

この章では、ドコモ光からフレッツ光への乗り換え方法を5つのステップで紹介します。

それぞれの注意点をしっかり確認しておくと安心ですよ。

ステップ①:ドコモ光で事業者変更承諾番号を取得する

ドコモ光からフレッツ光に乗り換える場合、ドコモ光で事業者変更承諾番号を発行してもらわなくてはいけません。

ドコモ光への連絡は、ドコモのスマホからだと151で繋がりますよ。

一般電話からは0120-800-000番に電話しましょう。

ドコモ光のオペレーターに繋がったら、「事業者変更をするので承諾番号の発行をして下さい」と伝えて下さいね。

事業者変更承諾番号は当日か翌日程度で発行されます。

事業者変更承諾番号を発行してもらったら、早めにフレッツ光への申込みを行いましょう。

事業者変更承諾番号は、発行日を含めて15日間のみ有効です。

ステップ②:フレッツ光を申し込む

次に、フレッツ光の申込みを行います。

ドコモ光からフレッツ光への乗り換えは、WEBなどで手続きできますよ。

注意したい点としては、フレッツ光は別途プロバイダとの契約が必要です。

プロバイダを決めてからフレッツ光への申込みをして下さいね。

ドコモ光から発行された事業者変更承諾番号も用意しておきましょう。

ステップ③:フレッツ光への切り替え

フレッツ光への申込後は、必要な書類などが送付されます。

サービス利用時に必要になる場合があるので、必ず大切に保管しておきましょう。

ドコモ光からフレッツ光へは工事の必要はありませんよ。

ステップ④:ルーターの初期設定を行いフレッツ光に接続する

フレッツ光の回線を使う為に、ルーターなどの初期設定を行いましょう。

フレッツ光の契約には別途プロバイダ契約が必要です。

各プロバイダから送られてきた機器の初期設定をして下さいね。

ルーターの初期設定などが終わったら、フレッツ光の回線でネットを利用できますよ。

ちなみにドコモ光の解約は、ドコモ光が開通したら自動的に解約されます。

ステップ⑤:ドコモ光のレンタル機器を返却する

レンタル機器の内容
ドコモ光のレンタル機器ONUもしくはHGW(NTTからレンタル)
無線LANルーター(プロバイダからレンタル)

フレッツ光の利用が開始されたら、ドコモ光から借りていた機器類を返却しましょう。

モデム・ルーター・各種電源などがあるか確認して下さいね。

モデムはNTT、ルーターは契約しているプロバイダから借りていますよ。

レンタルしていた機器は、返却をしないと賠償金を請求される場合もあります。

プロバイダによって返却方法が違うので、解約時に聞いておくと良いですね。

ドコモ光からフレッツ光への変更・切り替え前の6つの注意点

注意点①:月額料金が高くなる可能性がある

注意点②:プロバイダ料金が別途かかる

注意点③:ドコモ光セット割が適用できなくなる

注意点④:解約月の料金は日割りにならない

注意点⑤:ドコモ光の違約金がかかる可能性がある

注意点⑥:ドコモ光関連のサービスが利用できなくなる

ここからは、ドコモ光からフレッツ光への変更・切り替え前に知っておきたい注意点をお伝えします。

主に6つの注意点があるので、必ず確認しておきましょう。

注意点①:月額料金が高くなる可能性がある

ドコモ光フレッツ光
戸建ての月額料金5,720円5,390円(税込)~+プロバイダ料
マンションの月額料金4,400円3,465円(税込)~+プロバイダ料

ドコモ光からフレッツ光に乗り換えると、月額料金が高くなる可能性があります。

ドコモ光はプロバイダ一体型ですが、フレッツ光は別途プロバイダとの契約が必要です。

そのため、フレッツ光の月額料金は、回線使用料に加えてプロバイダ料がかかります。

プロバイダは選択できますが、会社によって料金が違うので注意して下さいね。

注意点②:プロバイダ料金が別途かかる

ドコモ光フレッツ光
プロバイダ選べる選べる

ドコモ光からフレッツ光に乗り換えると、プロバイダが変わります。

フレッツ光はプロバイダと光回線が別契約のサービスです。

フレッツ光を利用する場合は、自分でプロバイダを選んで契約する必要があるんですね。

料金もフレッツ光の回線使用料とプロバイダ料金の2種類が発生します。

好きなプロバイダを選べるのはメリットですが、料金が上乗せでかかることに注意しておきましょう。

注意点③:ドコモ光セット割が適用できなくなる

ドコモ光からフレッツ光へ乗り換えた場合、ドコモ光セット割は使えません。

ドコモ光セット割は、光回線とスマホのセット割引なんですね。

フレッツ光にはスマホとの割引制度は無いので、今までドコモ光セットを利用していた人は月額料が増えることになります。

ドコモ光セット割の適応外になっても良い場合はフレッツ光に乗り換えると良いでしょう。

注意点④:解約月の料金は日割りにならない

ドコモ光の月額料金
戸建て5,720円
マンション4,400円

ドコモ光を解約する場合、その月の料金は日割り計算されません。

つまり、月初に解約しても月末に解約しても料金は同じなんですね。

ドコモ光では解約日を指定することができるので、無駄をなくすためには月末付近を選びましょう。

フレッツ光の利用開始日に合わせてドコモ光の解約日を決めると良いですね。

注意点⑤:ドコモ光の違約金がかかる可能性がある

マンション戸建て
ドコモ光の解約金(新プラン)4,180円5,500円
ドコモ光の解約金(旧プラン)8,800円14,300円

ドコモ光の解約時期には注意が必要です。

24~26ヶ月目が更新期間となり、更新期間中に解約すると違約金は発生しません。

しかし、更新月以降に解約すると解約金が発生してしまうんですね。

解約金はマンションと戸建てで違い、プランによっても異なります。

ドコモ光の更新月はMy docomoで確認できますので、フレッツ光に乗り換える前に必ず確認するようにしましょう。

注意点⑥:ドコモ光関連のサービスが利用できなくなる

ドコモ光を解約すると、関連サービスが使えなくなります。

中でもメールサービスは特に注意が必要です。

フレッツ光に乗り換えるとプロバイダが変わる可能性があるため、解約日からメールも利用できなくなります。

解約前にフリーメールなどの取得や登録先の変更を行っておいて下さいね。

ドコモ光からフレッツ光への乗り換えについてまとめ

・フレッツ光は別途プロバイダの契約が必要

 ・フレッツ光にはスマホ割りが無い

 ・乗り換えるとドコモのスマホ割は使えない

 ・ドコモ光で使っていたメールが使えなくなる可能性がある

 ・時期によって解約金がかかる場合がある

この記事では、ドコモ光からフレッツ光への乗り換えについてまとめました。

ドコモ光からフレッツ光への乗り換えをすると、スマホ割は使えなくなります。

また、ドコモ光の解約時期によって解約金が発生してしまうので、更新月を確認して下さいね。

ドコモ光からフレッツ光への乗り換えを検討している方は、この記事の内容をしっかりチェックしておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる