MENU

ドコモhome5gのチャンネル変更方法を徹底解説!各チャンネルの特徴もあわせて確認!

ドコモhome5gのチャンネル変更方法を徹底解説!各チャンネルの特徴もあわせて確認!

この記事では、ドコモhome5gのチャンネル変更について、変更方法や各チャンネルの特徴を解説!

Wi-Fiにはチャンネルというものがあり、これを変更することで電波干渉を防ぐことができます。

ドコモhome5gでは設定画面から手動でチャンネルを変更することができるので、空いているチャンネルを狙って変更すると通信速度が快適になるかもしれませんよ。

ドコモhome5gのチャンネル変更や特徴について気になる方は、ぜひ読み進めてみてくださいね。

目次

まずは確認!各チャンネルの特徴を解説

まずは各チャンネルの特徴を見ていきましょう。

そもそも、Wi-Fiのチャンネルとは、通信に用いる周波数を指定するための機能です。

チャンネルの役割とは、周波数帯を分割し、通信による電波の干渉を起こしにくくして、スムーズな接続を可能にすることです。

また、Wi-Fiの周波数は2.4GHzと5GHzの2種類あります。

2.4GHz帯は22MHzごと、5GHz帯は20MHzごとの帯域幅で分割されています。

2.4GHzの特徴

周波数帯2.4GHz
チャンネル数14
チャンネル同士の干渉あり
干渉なしで使えるチャンネル1、6、11、14の4種類

2GHzの電波は遠くまで届き、障害物があっても接続しやすいのが特徴です。

2.4GHz帯でWi-Fiに利用されているのは、2,412~2,484MHzの間の周波数です。

72MHzの中に14種類のチャンネルが設けられており、22MHzの幅で分割されています。

そのため、2.4GHzではチャンネル同士の干渉が起こります。

お互い干渉しないようにするためには、少し離れたチャンネル同士を選んで接続する必要があります。

なお、2.4GHzでは干渉しないチャンネルが4種類あるので、なるべくここを狙うといいでしょう。

また、14チャンネルだけは少し特殊で「IEEE802.11b」という通信規格だけで接続できるチャンネルです。

14チャンネルは他のチャンネルと少し離れたところに追加されているため、11チャンネルに接続しても干渉することがありません。

ただし、12や13のチャンネルとは干渉するので注意しましょう。

5GHzの特徴

周波数帯5GHz
チャンネル数19
チャンネル同士の干渉なし
干渉なしで使えるチャンネル全て

5GHzは高速で安定した通信が可能な点が特徴です。

5GHz帯でWi-Fiに利用できるのは、5,150~5,725MHzの間の周波数です。

この575MHzの中に、19個のチャンネルが設けられております。

2,4GHz帯と比べるとチャンネルの数自体は多くなっていますが、帯域が広いので、それぞれのチャンネル干渉を気にする必要がありません。

5GHz帯のチャンネルに接続する場合、利用するチャンネルを意識する必要はありません。

しかし、5GHz帯の電波は障害物に弱く、壁に阻まれたり距離が離れていると通信が遅くなる可能性があります。

それぞれの特徴を理解して上手く使い分けていきましょう。

ドコモhome5gのチャンネル変更の2ステップ

ステップ①:設定ツール画面で「設定」→「Wi-Fi設定」をクリック

ステップ②:Wi-Fiチャネルをクリックして選択

ドコモhome5gのチャンネル変更の手順は上記の通りです。

ドコモhome5g端末本体の底面には、「詳細設定用」のQRコードと詳細設定画面へアクセスするURL、初回ログインパスワードが記載されています。

ドコモhome5gのチャンネル変更の2ステップを見ていきましょう。

ステップ①:設定ツール画面で「設定」→「Wi-Fi設定」をクリック

まずは、初回ログインパスワードで詳細画面へログインしましょう。

スマホやパソコンなどで詳細画面へアクセスすると、ドコモhome5gのLAN設定やWi-Fi設定などの高度な設定を行えます。

ドコモhome5gのチャンネル変更をしたい場合は、「Wi-Fi設定」を選択してクリックします。

ステップ②:Wi-Fiチャネルをクリックして選択

Wi-Fi設定をクリックすると、「Wi-Fiチャネル」という選択が出てきます。

こちらをタップすると、2.4GHzと5GHzのチャンネルを変更することができます。

デフォルトの状態では自動になっているので、空いているチャンネルを狙って変更しましょう。

各チャンネルの特徴については前述した内容を確認してくださいね。

>>まずは確認!各チャンネルの特徴を解説

ドコモhome5gのWi-Fiチャンネルを変更するメリットデメリット

メリット・通信速度が遅いときや途切れるときの対策で有効
・安定した通信環境を確保できる
デメリット・時間や手間がかかる
・干渉が酷くなる可能性がある
・通信の安定が損なわれる可能性がある

ドコモhome5gのWi-Fiチャンネルを変更するメリットデメリットは上記の通りです。

チャンネルを手動で変更することで、混雑の少ない所を狙って接続できます。

安定した通信環境を確保できるため、ドコモhome5gの通信速度が遅い時や途切れる時の対策としてチャンネル変更は非常に有効な手段です。

特に集合住宅や近隣で同じチャンネルの帯域が使われていると、通信が安定しないことが…。

こういった場合に自身でチャンネル変更することで、安定した通信接続ができるという点が魅力的です。

一方、手動で変更するので時間や手間がかかり、変更チャンネルによっては通信の安定が損なわれる可能性がある点は覚えておきましょう。

ドコモhome5gのデフォルトの設定では、自動で安定するチャンネルを指定してくれるので、チャンネル変更は必ず行う必要はありませんね!

2.4GHzと5GHzの特徴やメリットデメリットをしっかりと理解した上で、状況に応じて使い分けていきましょう。

ドコモhome5gのチャンネル変更についてまとめ

・チャンネル変更は詳細設定からできる

・チャンネル変更すると安定した通信ができる

・失敗すると通信の安定が損なわれる可能性がある

・2.4GHzと5GHzは特徴を理解して使い分けよう

ドコモhome5gのチャンネル変更について、上記のような内容を解説しました。

ドコモhome5gのチャンネル変更は、本体底面に記載のURLにアクセスした詳細設定画面から設定が可能です。

電波干渉が影響して通信が不安定な場合、空いているチャンネルを狙って通信することで、安定した通信環境を確保することができます!

しかし、チャンネル変更に失敗すると、通信速度が損なわれる可能性が…。

ドコモhome5gのチャンネル変更のメリットデメリットなどを理解した上で、活用しましょう。

なお、ドコモhome5gの通信速度が遅い場合の対策や設定方法については、以下の記事で解説しているので参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる