MENU

ドコモ光からソフトバンク光への乗り換え方法を完全解説!解約手続きや変更・切り替え前の注意点は?

ドコモ光からソフトバンク光への乗り換え方法を完全解説!解約手続きや変更・切り替え前の注意点は?

この記事では、ドコモ光からソフトバンク光への乗り換えについてまとめています。

ドコモ光の解約手続きや変更前の注意点なども詳しくご紹介!

ドコモ光からソフトバンク光への乗り換えが不安な人は、この記事をチェックしてみて下さいね。

目次

まずは確認!ドコモ光とソフトバンク光の速度や月額料金などを比較!

ドコモ光ソフトバンク光
事業者NTTNTT
回線網光コラボ光コラボ
最大通信速度1Gbps1Gbps
マンション月額料金4,400円4,180円
戸建て月額料金5,720円5,720円
マンション新規工事費16,500円2,200円~26,400円
戸建て新規工事費19,800円2,200円~26,400円
スマホセット割最大1,100円引き/月最大1,100円引き/月
訪問サポートあり(無料)あり(有料)
マンション解約金新プラン4,180円
旧プラン8,800円
4,180円
戸建て解約金新プラン5,500円
旧プラン14,300円
5,720円
契約期間2年2年
お得な申し込み先>>こちらをタップ>>こちらをタップ

ドコモ光とソフトバンク光について、10項目で比較しました。

ソフトバンク光は光回線とプロバイダが一体になった光コラボレーションサービスです。

プロバイダと新たに契約する必要が無いので、月の通信費も分かりやすくなりますよ。

また、ソフトバンクのスマホやワイモバイルスマホの月額が安くなるセット割引も人気です。

さらに、ドコモ光とソフトバンク光は、どちらもNTTの光回線を使用しています。

ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換える際は、簡単な手続きだけで自動的に回線が切り替わりますよ。

次の章からは、ドコモ光からソフトバンク光への乗り換え方法や注意点を解説します。

乗り換えを考えている人は、ぜひ確認してみて下さいね。

ドコモ光からソフトバンク光への乗り換えで掛かる費用

費用①:ドコモ光の解約金

費用②:乗り換え手数料

費用③:ソフトバンク光の初期費用

この章では、ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換える際の費用について紹介します。

光回線の乗り換えには色々な費用がかかるので、乗り換えを検討している間にチェックしておきましょう。

費用①:ドコモ光の解約金

マンション戸建て
ドコモ光の解約金(新プラン)4,180円5,720円
ドコモ光の解約金(旧プラン)8,800円14,300円

ドコモ光を解約すると、時期によっては解約金がかかります。

ドコモ光の2年契約の場合、24~26ヶ月目が更新期間になっていますよ。

更新期間以降に解約してしまった場合は、解約金が発生するので注意しましょう。

解約金はマンションと戸建て、プランによって異なります。

なるべくドコモ光の契約更新期間中に解約すると良いですね。

費用②:乗り換え手数料

金額
乗り換え手数料3,300円
新規事務手数料3,300円

ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換える時には、事務手数料が必要です。

事務手数料は事業者変更のためにかかるので、ソフトバンク光とドコモ光の両方に3,300円の費用が発生します。

ただし、時期によってはキャッシュバックや還元キャンペーンなどを行っていますので、ぜひ調べてから乗り換えを検討してみて下さいね。

費用③:ソフトバンク光の初期費用

金額
ソフトバンク光の初期費用工事費2,200円~26,400円

ドコモ光からソフトバンク光への乗り換える場合、回線工事が必要です。

回線工事費は工事の内容によって価格が変わります。

無派遣工事の場合は2,200円、建物内工事なしの場合は10,560円、立会工事は26,400円です。

工事内容は住んでいる家の構造によっても変わるので、申し込み前に確認しておくと良いでしょう。

ただし、ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換える際、キャンペーンなどで工事費を負担してくれる場合もあります。

契約する代理店によってキャンペーン内容は変わるのでチェックしておきましょう。

ドコモ光からソフトバンク光への乗り換え方法を5ステップで解説!

ステップ①:ドコモ光で事業者変更承諾番号を取得する

ステップ②:ソフトバンク光の申し込み

ステップ③:ソフトバンク光への切り替え

ステップ④:ルーターの初期設定を行いソフトバンク光に接続

ステップ⑤:ドコモ光のレンタル機器返却

ここからは、ドコモ光からソフトバンク光への乗り換え方法について解説します。

5つのステップに分けていますので、1つずつ確認して下さいね。

ステップ①:ドコモ光で事業者変更承諾番号を取得する

まずは、ドコモ光へ連絡して、事業者変更承諾番号を発行してもらいます。

ドコモのスマホからは151、一般電話からは0120-800-000へ連絡しましょう。

ドコモ光のオペレーターに、「事業者変更をするので承諾番号の発行をして下さい」と伝えて下さいね。

当日か翌日ぐらいには事業者変更承諾番号が発行されますよ。

ステップ②:ソフトバンク光の申し込み

続いて、ソフトバンク光に申込みをしましょう。

ドコモ光で発行してもらった事業者変更承諾番号を入力します。

ソフトバンク光への申込みは、WEBもしくは電話で行なえますが、いつでも好きな時間に申し込めるWEBがおすすめですよ。

ステップ③:ソフトバンク光への切り替え

ソフトバンク光に申し込んだ後は、工事の必要がないのでそのまま待ちましょう。

約1週間ほどで自動的にソフトバンク光に契約が切り替わりますよ。

ドコモ光は自動解約されるので、ドコモ光に改めて連絡する必要はありません。

ステップ④:ルーターの初期設定を行いソフトバンク光に接続

ソフトバンク光の回線を繋ぐために、ルーターなどの初期設定を行いましょう。

ソフトバンクやNTTの書類と機器を準備しておくと安心です。

ソフトバンク光から届いたルーターを設置します。

設置方法が書かれた用紙が同梱されていますので、よく読んで初期設定を行って下さいね。

ステップ⑤:ドコモ光のレンタル機器返却

レンタル機器の内容
ドコモ光のレンタル機器ONUもしくはHGW(NTTからレンタル)
無線LANルーター(プロバイダからレンタル)

ソフトバンク光の利用を開始した後は、ドコモ光でレンタルしていた機器類を返却します。

モデムやルーターなどがあるので、確認して下さいね。

モデムはNTT、ルーターは契約しているプロバイダからレンタルしています。

ドコモ光やプロバイダでレンタルしていた機器を返却しないと、賠償金を請求される事もあるので注意して下さい。

プロバイダの種類によって返却方法が変わるので、不安な方は契約プロバイダに確認しておきましょう。

ドコモ光からソフトバンク光への変更・切り替え前の5つの注意点

注意点①:ドコモ光セット割が適用できなくなる

注意点②:プロバイダが変更になる

注意点③:解約月の料金は日割りにならない

注意点④:ドコモ光の違約金がかかる可能性がある

注意点⑤:ドコモ光関連のサービスが利用できなくなる

ここからは、ドコモ光からソフトバンク光への変更や切り替え前の注意点をまとめていきます。

ドコモ光を解約すると出来なくなることも多いので、必ず確認して下さいね。

注意点①:ドコモ光セット割が適用できなくなる

ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換えると、ドコモ光セット割が使えなくなります。

ドコモ光セット割は、光回線とスマホのセット割引です。

今現在ドコモ光を契約していて、docomoのスマホを利用していると、月々の料金の割引が適応されなくなってしまいます。

ドコモ光セット割を利用しているかどうかは、ソフトバンク光に乗り換える前に確認しておきましょう。

注意点②:プロバイダが変更になる

ドコモ光ソフトバンク光
プロバイダ選べるyahoo!BB

ドコモ光からソフトバンク光に乗り換えると、プロバイダが変わります。

ソフトバンク光のプロバイダはyahoo!BBのみなので、現在ドコモ光で契約しているプロバイダから変わってしまいます。

どちらも光回線なので、通信速度の大きな違いはありません。

ですが、プロバイダの混雑具合によっては通信速度が変わる可能性もあるので注意しましょう。

ソフトバンク光はプロバイダ一体型ですから、契約自体は1度で済む事になります。

注意点③:解約月の料金は日割りにならない

ドコモ光の月額料金
戸建て5,720円
マンション4,400円

ドコモ光を解約した場合、解約月の月額料金は日割り計算されません。

月初に解約しても月末に解約しても、料金は変わらないんですね。

ドコモ光では解約日の指定が可能です。

少しでも無駄をなくしたい人は、ドコモ光の解約日を月末付近にしておくと良いでしょう。

ソフトバンク光の利用日も考慮してからドコモ光の解約日を決めて下さいね。

注意点④:ドコモ光の違約金がかかる可能性がある

マンション戸建て
ドコモ光の解約金(新プラン)4,180円5,720円
ドコモ光の解約金(旧プラン)8,800円14,300円

ドコモ光の解約は、時期によって違約金(解約金)がかかる可能性があります。

ドコモ光の2年契約の場合24ヶ月毎に更新月があり、3ヶ月間の猶予があります。

24~26ヶ月目が更新期間なので、更新期間中に解約すると違約金は発生しません。

ただし、更新月以降に解約する場合は、解約金が発生してしまいます。

解約金は、マンションと戸建てで違い、プランによっても変わります。

ドコモ光の更新月はMy docomoで確認できるので、ソフトバンク光に乗り換える前に確認しておきましょう。

注意点⑤:ドコモ光関連のサービスが利用できなくなる

ドコモ光を解約すると、ドコモ光関連のサービスは利用できません。

メールサービスや各種オプションなどの関連サービスは使えなくなるんですね。

特にメールサービスは契約しているプロバイダから割り振られています。

ドコモ光からソフトバンク光に乗り換えるとプロバイダが変わるので、ドコモ光の解約日からメールを利用できなくなることに注意しましょう。

ドコモ光を解約する前にフリーメールなどを取得したり、各種メールの登録先を変更しておきましょう。

ドコモ光からソフトバンク光への乗り換えについてまとめ

・ドコモ光関連のサービスは使えなくなる

・ソフトバンク光はプロバイダが決まっている

・ドコモのスマホ割は使用できない

・ドコモ光の解約金がかかる場合がある

・ドコモ光の電話番号も使えなくなる

この記事では、ドコモ光からソフトバンク光への乗り換えについて上のような内容をお伝えしました。

ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える場合、解約時期によってはドコモ光の解約金がかかる場合があります。

また、ドコモ光関連のサービスやメールも使えなくなるので、乗り換え前に注意点を確認しておいて下さいね。

ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える際のお得なキャンペーンは、以下の公式サイトを確認しておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる